2018年5月8日火曜日

大阪府住宅供給公社のリノベーション

大阪府住宅供給公社のリノベーションした物件が、

高齢化や空き家の増加に悩む団地に若い家族を呼び込むための秘策として、

他府県にも広がり始めた。

(H30、5、8 朝日新聞朝刊より)



45㎡の2戸をつなげ、90㎡の空間を創りだす『ニコイチ』

このリノベーションプランは、"少子高齢化"や"空家の増加"などの社会課題にアプローチする視点から生まれました。

空家をマイナスではなく、新しい価値を生み出すための余白として捉え、"2戸をひとつ"にした広い間取りにコンバージョンし、特に子育て世帯などの若年層に対し、スペースや経済的にゆとりある質の高い暮らしを提案





団地によっては変動はありものの、ここまでデザインされたリノベーション物件を

45㎡であれば、50,000円~。

ニコイチであれば70,000円~。


団地は磨けば光る原石なんだとHPには記載されています。

ご内覧する方の団地に対する意識、募集する側の見せ方が非常にセンスを求められる。

やっぱり募集する側の見せ方なのか。



物件は見せ方、どのような角度で見るかで物件に対する印象は大きく変わると思います。


物件を正面からだけでなく、斜め、裏、後からも見て頂きたい。

駅近という正面的な見方だけでなく、門構え、物件の年表、活かし方も含めて見て頂きたいと。


まだまだ埋もれている、埋もれかけている物件があります。


掘り起こし、掘り出して、皆さんにご紹介したいと。


それでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿