2017年9月9日土曜日

2017年9月9日 
朝日新聞 朝刊より

他人のたなこの煙を吸わされる受動喫煙を防ぐため、東京都は8日、公共施設や
飲食店などの屋内禁煙とする罰則付きの条例を定める方針を発表した。
今年度中に都議会に条例案を提出し、ラグビーワールドカップ開催前の2019年夏まで
の施行を目指す。

神奈川県と兵庫県も公共施設や飲食店を対象とした喫煙条例を定めている。
ただ、神奈川県が面積100㎡以下(約30坪)の飲食店を努力義務としているのに対し、都の案は30㎡以下(約10坪)のスナックなどを除いて原則禁煙とする厳しい内容。都は、法改正が進まない国に先じて動き出す。首都・東京で条例化されれば、他の自治体にも波及する可能性がある。






飲食店さんとしては重大な項目。


他の自治体の動きに今後注目です。



それでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿